●パプア州プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県
:「渡航の是非を検討してください」(継続)
●アチェ州、パプア州(プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県を除く。)及び西パプア州
:「十分注意してください。」(引き下げ)
●上記を除くすべての地域(首都ジャカルタ及びバリ島を含む。)
:「十分注意してください。」(継続)

☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)インドネシアにおいては、ジュマ・イスラミーヤ (JI)が首謀したとされる大規模な自爆テロが、ジャカルタ及びバリ島で2002年から4年連続して発生し、また、2009年7月にもジャカルタで発生し ました。その後、事件の実行犯とみられる強硬派主要メンバーが数多く摘発され、テロの実行能力は低下したものと考えられています。しかし、2010年2 月、アチェ州においてテロリスト訓練キャンプの存在が確認され、訓練参加者に加え、JI主要幹部も摘発されるなど、依然としてテロの脅威が存在していま す。また、2011年4月及び9月には、それぞれ西部ジャワ州にある警察署内のモスク及び中部ジャワ州の教会付近で自爆テロが発生し、負傷者が発生してい ます。このため、テロの標的になるような場所には可能な限り近づかないようにするなど、安全確保に十分留意する必要があります。

続きを読む