●コソボ北部(レポサビッチ、ズベチャン及びズビン・ポトクの3自治体並びにミトロビツァ市の北部(イバル川以北):「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●上記を除く地域(首都プリシュティナ市を含む):「十分注意してください。」(引き下げ)
1.概況
(1)コソボは2008年2月に独立を宣言し、同年6月にコソボ憲法が発効しました。我が国は同年3月、コソボを独立国家として承認し、2009年2月にコソボとの間で外交関係を開設しました。
(2)現在、コソボでは、規模が縮小されたものの国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)が存続しているほか、NATO主導の国際安全保障部隊(KFOR)及びEU主導による「法の支配ミッション」(EULEX)が展開し、コソボ当局への業務の移管が進んでいます。

続きを読む