●ブルンジとの国境付近
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●インド洋沿岸部及びタンガニーカ湖岸付近並びにブルンジ,ルワンダとの国境付近
    :「十分注意してください。」(継続)

1.概況
(1)タンザニアでは,1998年に在タンザニア米国大使館爆破事件が起きましたが,タンザニア当局による警戒もあり,最近は大きなテロ事件も発生しておらず,情勢は安定しています。しかしながら,東アフリカ地域では度々テロ攻撃の脅威が指摘されています。
(2)ブルンジ,コンゴ民主共和国(タンガニーカ湖岸付近)及びルワンダとの国境付近の治安情勢は流動的で,これら周辺国の政情如何によっては,タンザニアの情勢も急激に悪化する可能性もあるため,渡航・滞在に当たっては,常に最新情報を把握する必要があります。特に,ブルンジとの国境付近は引き続き不安定な状況にあります。

続きを読む