●アルジェリア・リビア国境地帯を含む南部砂漠地帯の一部
 :「渡航の延期をお勧めします。」(引き上げ)

●カスリン県
 :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

●ジャンドゥーバ県、ケフ県、ベジャ県、シディブ・ジッド県、ガフサ県及びドズール県・ケビリ県・タタウィン県・メドニン県の一部:「渡航の是非を検討してください。」(一部引き上げ)

●チュニス県を含む上記以外の地域
 :「十分注意してください。」(継続)

1.概況
(1)2010年12月、チュニジア中南部の地方都市シディブ・ジッドにおいて発生した若者1名の焼身自殺を契機とした市民デモは瞬く間に国内全土に拡大し、2011年1月、23年間独裁政治を行ってきたベン・アリ元大統領の国外脱出という結果に結実しました。チュニジアで始まったこの政変は、いわゆる「アラブの春」と呼ばれ、北アフリカを中心とする中東諸国を巻き込んだ民主化の大きな波を引き起こすこととなりました。

続きを読む