●中央アフリカ国境地帯
 :「渡航の延期をお勧めします。」(引き上げ)

●プール地方南部(ブラザビル周辺を除く)
 :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)

●上記以外の地域
 :「十分注意してください。」(継続)

1.概況
(1)コンゴ共和国では、2009年の大統領選挙でサス・ンゲソ大統領が再選されて以降、経済再建に取り組んでいます。2012年には国民議会選挙が実施され、サス・ンゲソ大統領率いるコンゴ労働党(与党)が圧倒的勝利を収め、混乱もなく平穏に終了しました。
(2)中央アフリカにおける政情不安により、報道等によれば既に1万人以上の難民がコンゴ共和国に流入している模様です。今後、反政府勢力や犯罪集団等が侵入し、国境周辺の治安が悪化する可能性も否定できない情勢にあるため、不測の事態を避ける必要があります。

続きを読む