【危険度】
●カシュウ地方
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●その他の地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)

【ポイント】
●大統領側と与党側との対立が続いており,政情が不安定な状態にあります。2018年には議会選挙,2019年には大統領選挙が予定されており,今後,政情不安定に起因する衝突など突発的な事案が発生し,急激に治安が悪化する可能性があります。
●カシュウ地方は,セネガルの反政府勢力であるカザマンス民主勢力運動(MFDC)の一派の後方拠点があると言われているほか,近年も散発的な襲撃や地雷による被害も発生していますので,渡航は止めてください。

1 概況
(1)ギニアビサウでは,2012年4月に騒擾が勃発し,2014年4月の議会選挙や大統領選挙を通じて内政が正常化されたものの,それ以降も首都ビサウを中心に断続的に政情不安定な状況が続いています。1973年の独立以降,同国で暴動が起こったとの情報はありませんが,長引く内政の混乱等により,政治的対立に起因するデモ等が発生しており,十分な注意が必要です。

続きを読む