【危険度】
●エリトリア国境地帯
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●オボック州北部及びタジュラ州北部(エリトリア国境地帯を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●その他の地域
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●エリトリア国境地帯では,ジブチ・エリトリア間の交戦が再燃するおそれがありますので,同地域への渡航は止めてください。
●オボック州北部及びタジュラ州北部では,ジブチ軍と反政府武装勢力との衝突や,同武装勢力による襲撃が散発しています。また,過去に埋設された地雷が残っている可能性があります。これら地域への不要不急の渡航は止めてください。
●ジブチを含む東アフリカ地域では,イスラム過激派によるテロの脅威が存在します。

1 概況
(1)2014年5月,ジブチ市内のレストランにおいて自爆テロが発生し,外国人を含む多数が死傷しました。同テロ事件以降,現在までジブチ当局による厳重な警戒が続いており,その後首都でのテロ事件は発生していません。しかしながら,ジブチを含む東アフリカ地域においては,ソマリアを拠点とするイスラム過激派組織「アル・シャバーブ」やソマリア北部を拠点とする「ソマリアにおけるイラク・レバントのイスラム国(ISILソマリア)」の脅威が存在します。レストラン,ナイトクラブ等,外国人が多く集まる施設はテロの標的となりやすいことを十分認識し,そのような場所を訪れる際には非常口等の避難経路を確認する等,安全確保に十分注意を払うようにしてください。

続きを読む