●アラウカ県,カウカ県,カケタ県,グアビアレ県,ナリーニョ県,ノルテ・デ・サンタンデール県北部,バジェ・デル・カウカ県ブエナベントゥーラ市,プトゥマヨ県,メタ県南部
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●アンティオキア県南部,セサール県,ノルテ・デ・サンタンデール県南部,チョコ県,ボリーバル県南部,コルドバ県南部,カサナレ県北部,メタ県南部,ボヤカ県東部,バジェ・デル・カウカ県(ブエナベントゥーラ市を除く),ビチャダ県,キンディオ県(アルメニア市を除く),グアイニア県,バウペス県
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●上記以外の地域(サン・アンドレス島,プロビデンシア島等の諸島を除く)
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●政府による治安対策や反政府武装勢力との和平プロセスが進展する一方で,反政府武装勢力の内部抗争等もあり一部地域では情勢が複雑化しています。最新の関連情報の収集に努め,危険レベル1の地域でもテロ,誘拐,殺人等に十分に注意してください。
●主要都市を離れるほど治安当局の影響力が弱くなるため,犯罪等に巻き込まれる危険性が高まります。国内の主要都市間の陸路での移動は止めてください。

1 概況
(1)コロンビアでは,国境付近や山岳地帯を中心に「コロンビア革命軍(FARC)」や「国民解放軍(ELN)」等の主要左派反政府武装勢力が存在し,治安当局との衝突も発生してきました。しかし,2002年以降,治安要員の増強等の対策や,政府とFARCの和平交渉の結果,治安には一定の改善が見られます。

続きを読む