【危険度】
●カーボ・デルガード州 
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(新規)
●マプト州及びソファラ州
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●カーボ・デルガード州では,身元不明の武装集団による襲撃事件が頻発しており,「危険レベル2」を発出しますので,不要不急の渡航・滞在は止めてください。
●マプト州とソファラ州では,一般犯罪や麻薬売買,外国人が被害者となる誘拐事件が時間や場所を問わず発生していますので,十分に注意してください。夜間の外出は避ける,日中に外出する際も周囲の状況に十分注意を払う等,自らの安全確保に努めてください。
●ソファラ州を通る国道1号線及び同6号線の一部区間で車両が襲撃される事件が発生していますので,通行は控えるようお勧めします。

1.概況
(1)近年,モザンビークは高い経済成長を続けてきましたが,ここ数年は資源価格の下落に加え,対外債務問題の発生による経済情勢の悪化や所得格差の拡大を背景に,強盗,誘拐,性犯罪,空き巣,車上荒らし等の犯罪が多発し,治安の悪化が社会問題になっています。

続きを読む