【危険度】
●ジャンム・カシミール州
・管理ライン(LoC)付近
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
・スリナガルとその近郊及びラダック地域を除く地域
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
・スリナガルとその近郊
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
・ラダック地域
レベル1:十分注意してください。(継続)
●北東部諸州
・マニプール州,アッサム州(グワハティ市を除く),ナガランド州,メガラヤ州(東カシ・ヒルズ県,リボイ県,西ジャインティア・ヒルズ県,東ジャインティア・ヒルズ県を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
・メガラヤ州(東カシ・ヒルズ県,リボイ県,西ジャインティア・ヒルズ県,東ジャインティア・ヒルズ県)
 レベル1:十分注意してください。(引き下げ)
・北東部諸州の上記を除く地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)
●中・東部諸州
・マハーラーシュトラ州東部地域ガドチロリ県,ゴンデア県及びチャンドラプル県,
アンドラ・プラデシュ・テランガナ・オディシャ・チャッティースガル各州の高原奥地,ジャールカンド及びビハール両州の農村地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記レベル4,レベル3,レベル2以外のインド全域(デリー,コルカタ,チェンナイ,ムンバイ,ベンガルール等の大都市を含む)
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●インドには,インドからの分離独立を主張する少数民族の権利保護を唱える過激派等が複数存在し,各地でテロ活動を行っています。また,大都市では,インド当局がイスラム過激派等によるテロへの警戒を高めるよう呼びかけています。ついては,不測の事態に巻き込まれないよう,最新の治安情報を収集し,行動に慎重を期す等の安全対策を講じてください。
●北東部諸州でも,武装勢力が多数存在し,活発なテロ活動をしていますが,メガラヤ州東部地域においては,一部の武装勢力との停戦合意,治安部隊による掃討作戦などにより小康状態となっており,武装勢力による活動は近年見られないことから,危険レベル2から1に引き下げます。
●インドでは窃盗,詐欺や睡眠薬を用いた強盗,強姦などの犯罪が頻発しています。

続きを読む