【危険レベル】
● 首都圏(スバ市,ラミ町,ナシヌ町及びナウソリ町)並びに西部地区のラウトカ市,ナンディ町及びバ町
レベル1:十分注意してください。(継続)
● 上記を除く全土
危険レベル解除(引き下げ)

【ポイント】
● 首都圏(スバ市,ラミ町,ナシヌ町及びナウソリ町)並びに西部地区のラウトカ市,ナンディ町及びバ町では,窃盗,強盗,詐欺,暴行及び家宅侵入が多く発生しており,日本人など観光滞在者をターゲットにした同種犯罪が横行しているため,滞在中は十分な注意が必要です。
● 統計資料によると犯罪は減少傾向にあるものの,首都圏並びに西部地区のラウトカ市,ナンディ町及びバ町においては引き続き十分な注意を必要とします。
● 上記以外の地域は,犯罪発生件数が比較的少ないため,危険情報を解除します。

1. 概況
(1)政治情勢
 フィジーは2006年のクーデター後, 2014年9月に総選挙が実施され,民主政権が誕生しました。2018年11月に総選挙が行われた結果,これまでの与党であったフィジーファースト党が再び勝利しましたが,政治的な要因による騒じょうなどは発生していません。

続きを読む