【危険度】
●北東部(ボルノ州、ヨベ州及びアダマワ州)
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●北中央部(ナイジャー州)
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引上げ)
●北東部(バウチ州及びゴンベ州)、北中央部(コギ州及びプラトー州ジョス市(周辺地域を含む。))、北西部(ケビ州、ソコト州、ザムファラ州、カツィナ州、ジガワ州、カノ州及びカドゥナ州)及び南南部(デルタ州、リバース州、バイエルサ州及びアクワ・イボム州沿岸部)
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●その他の地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●北東部3州(ボルノ州、ヨベ州及びアダマワ州)では、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」及び「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)西アフリカ州(ISWAP)」が、テロ・誘拐事件を繰り返しており、依然として危険な状況にあることから、この地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。
●北中央部ナイジャー州では、武装集団により多数の学生らが誘拐される事件が散発し、治安が悪化していますので、危険レベル2から危険レベル3(渡航中止勧告)に引き上げます。
●北東部、北西部及び北中央部では、「ボコ・ハラム」等の過激派組織の活動が見られるほか、武装集団による村落の襲撃・誘拐事件が頻発していますので、渡航中止勧告を継続します。
●南部ナイジャーデルタ地域では、ナイジャーデルタ解放運動をはじめとした反政府武装組織による石油施設への攻撃や、外国人を狙った誘拐事件等の発生が懸念されることから、渡航中止勧告を継続します。

続きを読む