【危険度】
●ジャーザーン州、アシール州、ナジュラーン州、東部州におけるイエメンとの各国境地帯
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●イラクとの国境地帯
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記地域を除く全土
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●サウジアラビアでは、2015年以降、イスラム過激派組織「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)によるモスクや治安当局に対する自爆テロ・銃撃テロ事件が各地で発生しています。
●2020年秋、フランスにおいて発生した預言者ムハンマドの風刺画問題をめぐる抗議とみられる外国人襲撃、爆発事案が発生しています。
●ジャーザーン州、アシール州、ナジュラーン州及び東部州におけるイエメンとの各国境地帯では、各地でイエメン政府軍を支持するサウジアラビアに対し、イエメン反政府勢力ホーシー派からのミサイルや無人機(ドローン)攻撃が発生しています。同国境地帯には近付かないでください。
●サウジ国内各地の軍事基地、国際空港等の公共施設、石油施設等において、無人機等によるものとみられる攻撃があり、火災等施設に被害が生じています。
●サウジアラビアとカタールの外交断絶が解消され、サウジアラビア・カタール間の陸・空路が再開しました。

続きを読む