【危険度】
● 首都圏(首都スバ市、ラミ町、ナシヌ町及びナウソリ町)並びにフィジー西部地区のラウトカ市、ナンディ町(デラナウを除く。)及びバ町: レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
● 首都圏(スバ市、ラミ町、ナシヌ町及びナウソリ町)並びに西部地区のラウトカ市、ナンディ町(デラナウを除く。)及びバ町では、窃盗、強盗、詐欺、暴行及び家宅侵入が多く発生しており、日本人など観光滞在者をターゲットにした同種犯罪が横行しているため、滞在中は十分な注意が必要です。
● フィジー政府による新型コロナウイルス対策により、失業者が増加しています。窃盗等の事件の増加が予想されるため、注意が必要です。

続きを読む