【危険度】
●バールベック・ヘルメル県北部及び東部(アルサールを含む。バールベック遺跡周辺を除く。)、アッカール県北部、ベカー県東部、ナバティーエ県北東部、南レバノン県南部(ティール以北の地中海沿岸地域を除く。)並びにパレスチナ難民キャンプ
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●アッカール県南部、バールベック・ヘルメル県南西部(バールベック遺跡周辺を含む。)、北レバノン県トリポリ市及びベイルート南郊外(ダーヒエ地区)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●上記以外の地域(ダーヒエ地区を除く首都ベイルート市、山岳レバノン県、北レバノン県(トリポリ市を除く。)、南レバノン県北部、ナバティーエ県北西部、ベカー県西部及び南レバノン県ティール以北の地中海沿岸地域)
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●シリアと国境を接するレバノン北部、東部及び南部の地域には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されています。これらの地域は、レバノン国軍が警戒監視を強化し、一般人の立入りを制限している場所が含まれており、不審者と判断された場合は拘束される可能性があります。
●レバノン経済状況の悪化に伴い、近年各種犯罪が増加傾向にあります。特に、シリアと国境を接する地域に、薬物、窃盗、殺人、銃撃、暴力等による逮捕事案が集中しています。
●パレスチナ難民キャンプ内及びその周辺では銃撃事件等の発生が確認されていますので、同地域への渡航は止めてください。

続きを読む