【危険度】
●全土
レベル2:不要不急の渡航は止めて下さい。(継続)

【ポイント】
●2018年末から2019年初頭に総選挙が予定されており,選挙運動参加者の一部と治安部隊との衝突が頻繁に発生する可能性があります。各政党事務所やダッカ大学周辺など,過去に大規模集会が行われた場所等には極力近づかないように注意してください。
●2016年7月1日,ダッカ市内のレストランにおいて,日本人7名を含む20名以上の死傷者を出す襲撃テロ事件が発生しました。依然としてテロの脅威はあるため,1(2)テロ情勢の項目を参照し,警戒してください。

1 概況
(1)政治情勢
バングラデシュでは,2018年末から2019年初頭に実施予定の第11回総選挙に向けて,今後選挙戦が過熱してくることが予想されます。2014年1月に行われた総選挙に際しては,選挙前からハルタル(※)やそれに伴う抗議集会が全国各地で実施され,選挙運動参加者の一部と治安部隊との衝突が発生したほか,爆弾の爆発や,公共交通機関への放火などに発展し多数の死傷者が発生した例もあります。次回総選挙に向けて,各政党事務所やダッカ大学周辺など,これまでに選挙運動や大規模集会が行われた場所等には極力近づかないようにするほか,邦人を含む外国人が多数居住する地域においても上記のような事態が発生したこともあるので,そのような地域においても注意が必要です。

続きを読む