もうすぐ関東でも梅雨明け予想がでてきております。
昨年に比べたら冷夏といわれておりますが、梅雨が空け急に暑い日が続くと体温調節が上手くできずに熱中症になったり、体調を崩しやすくなってしまいます。
室内・室外共に熱中症対策を行い体調を崩さないように気をつけましょう。

●熱中症はどのようにして起こるのか?
熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。
「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。
「からだ」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。その結果、熱中症を引き起こす可能性があります。
参照:環境省 熱中症予防情報サイトより
他詳細を確認する

●熱中症がど起こりやすくなる生活条件
屋外:炎天下でのスポーツ中、海、レジャー中、自転車、バス待ち、庭の草取り作業等
屋内:家事(風呂掃除・洗濯中)、風呂上り、飲酒時等

●こんな症状がでたら休息を
・めまい
・立ちくらみ
・手足のしびれ
・頭痛
・吐き気(嘔吐)
・倦怠感

いつもと比べ少しでも体調が悪いと感じたら休息、水分補給をして無理をして動くのはやめましょう

●対策方法
・小まめな水分補給を行うこと
→のどが渇いていない、汗をかいていないから大丈夫と思ってしまいますがそうではありません。
水や麦茶。スポーツドリンクや経口補水液などを飲み小まめな水分補給をしましょう
・塩分を摂取しましょう
→塩分が入った飴、梅干しなど食べ塩分補給をしましょう
・冷房(扇風機)の活用
・しっかりとした睡眠をとること
・体温調整がしやすいように透湿性、通気性の良い服装涼しい格好をしましょう
・帽子、日傘を活用しよう
・冷却タオルなどで体内の熱を軽減させる

事前にこうした知識を得ることで予防できることがあります。
仕事時やプライベートのときでも熱中症に気をつけ体調を崩さないようにしましょう。

●熱中症関連情報

熱中症予防のために[PDF形式:918KB]
職場における熱中症予防
熱中症予防情報サイト