【危険レベル】
●大フォルタレーザ圏,ロマイラ州北部
 レベル1:十分注意してください(新規)
●ブラジリア連邦区,大サンパウロ圏及びカンピーナス市,大リオ圏,大マナウス圏,大ベレン圏,大レシフェ圏,大サルバドール圏,大ビトリア圏,大クリチバ圏,ポルトアレグレ市
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●犯罪組織と治安機関による銃撃戦が,場所・時間帯に関係なく発生しており,殺人事件も多数発生していることから,大フォルタレーザ圏に「危険レベル1:十分注意してください」を発出します。
●犯罪組織による麻薬等薬物や違法武器の密輸ルートになっていることから,麻薬等取引に関わる抗争等が頻繁に発生している。さらにはベネズエラからの大量の避難民の流入による,治安状況の悪化が懸念されることから,ロマイラ州北部に「危険レベル1:十分注意してください」を発出します。
●大都市に限らず殺人,強盗等の凶悪犯罪が発生しているので,渡航時には十分注意してください。

1.概況
(1)ブラジルにおいては,所得格差による貧困,麻薬の売買等に起因する殺人,強盗等の凶悪犯罪が発生しています。世界的に見てもブラジルの犯罪発生率は非常に高く,日本人も被害に遭っています。また,多くの犯罪には,拳銃等の銃器が使用されており,抵抗すれば殺害される可能性も非常に高くなるので,注意する必要があります。凶悪犯罪は,大都市だけでなく,地方都市や日系団体等所在地及び日本人居住区においても発生しています。

続きを読む