【ポイント】
●「逃亡犯罪人条例等改正案」を巡っては,一部の抗議活動について,警察不許可にも拘わらず抗議活動が行われたり,ゲリラ的な抗議活動が行われるなど流動化傾向がみられ,また抗議者と警察当局の衝突がエスカレートしている傾向もみられます。抗議活動は空港や一部観光地を含め香港の広範な範囲で行われており,今後も抗議活動は継続し,かかる混乱が続く可能性があることから,香港を危険レベル1に引き上げます。

1 概況
(1)2019年6月以来,香港では,「逃亡犯罪人条例等改正案」を巡る抗議活動が,香港島,九龍,新界の市街地等を主として行われており,いまだ収束の目処は立っていません。

続きを読む