気温も和らぎ、季節は夏から秋へと変わってきております。
この季節キャンプやドライブ。マラソンやサイクリング等秋の紅葉を楽しむ方も多いと思われます。
こうした楽しい時間の反面、交通事故に巻き込まれたり、ちょっとした不注意から事故を起こしやすくなってしまいがちです。また、最近は「あおり運転」等,危険事故につながる大変悪質で危険な運転を行う人も出てきており、ニュース等でも大きく取り上げられています。

「自分は安全運転をしている」そう思っていても、おきてしまう・巻き込まれてしま可能性のある交通事故。
群馬県では9月21日(土)~9月30日(月)の10日間、令和元年秋の全国交通安全運動を行っております。こうした取組を再度確認し、安全運動について少し考えてみる時間を設けてみませんか?

群馬県ホームページ
令和元年秋の全国交通安全運動について

※一部情報を抜粋
●運動のスローガン
1.年間スローガン「その車間 心のせまさが 見えてます」
2.サブスローガン「シートベルト まえもうしろも カチッとね」 

●運動の目的
広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、
交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を
習慣づけるとともに、県民自身による道路交通環境の
改善に向けた取組を推進することにより、
交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

●運動重点
重点1 子供と高齢者の安全な通行の確保
重点2 高齢運転者の交通事故防止
重点3 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
重点4 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
重点5 飲酒運転の根絶

車を運転する際には周りの車の動きにも十分注意し、ちょっとした思いやりの気持ちを持ち、心にゆとりを持ちながらゆずりあいの運転をしましょう。