【危険度】
●ジャーザーン州,アシール州,ナジュラーン州及び東部州のイエメンとの国境地帯
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●イラクとの国境地帯
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記地域を除く全土
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●ジャーザーン州,アシール州,ナジュラーン州及び東部州のイエメンとの国境地帯では,イエメン政府軍を支持するサウジアラビアとイエメン反政府勢力ホーシー派が対立しています。サウジアラビア主導連合軍による空爆や,ホーシー派によるミサイルや無人機(ドローン)等による攻撃が生じているため,同国境地帯への渡航は止めてください。
●2019年9月14日,東部州アブケイク及びクライスの石油施設において無人機(ドローン)等によるものとみられる攻撃があり,火災が発生するなど,施設に被害が生じました。今後も,ミサイルや無人機(ドローン)等が飛来した際には,自身の安全確保に努めてください。
●サウジアラビアは,カタールとの外交関係を断絶しています。同国との国境閉鎖に伴い,サウジアラビア・カタール間の陸・海・空路を使った移動はできません。

1 概況

(1)2015年3月以降,ホーシー派に対するサウジアラビア主導連合軍による空爆が続いています。また,サウジアラビアの一部地域及び紅海で,イエメン国内からホーシー派によるミサイル,無人機(ドローン)及び無人ボートによるサウジアラビアに対する攻撃が発生しており,主に軍事基地,国際空港等の公共施設,石油関連施設が狙われています。2019年5月には,サウジアラビア南部アブハー国際空港に対するミサイル及び無人機(ドローン)による3度の攻撃により死傷者が出ております。今後も被害が生じる可能性は排除できないため,イエメンとの国境地帯への渡航は止めてください。また,イエメンとの国境地帯以外のジャーザーン州,アシール州及びナジュラーン州への渡航に当たっては,関連情報の収集に努め,その必要性を慎重に判断してください。

続きを読む