今年も残すところはや1ヶ月。
季節も肌寒い冬へと移り変わり、体調を崩しやすい時期になってきました。
毎年この季節に心配になるのが”インフルエンザの流行”だと思われます。
病気にかかってしまう前に予防策を行い、体調を崩さないように注意しましょう。

●インフルエンザとは
インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患を呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれています。
季節性インフルエンザには、A型、B型、C型 の3種類があり、全ての年齢層に対して感染します。世界中で繰り返し流行している病気です。

●流行る時期
日本などの温帯では、冬季に毎年のように流行。
通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピークをむかえます。

●感染経路
インフルエンザの感染経路としては2つ。「飛沫感染」と「接触感染」があります。
◇飛沫感染
インフルエンザ感染者が、咳やくしゃみをした際に、病気の原因となる細菌やウイルスが放出。これを吸い込むことで感染するのが 飛沫感染です。
◇接触感染
インフルエンザ感染者が、咳やくしゃみをした際に、病気の原因となる細菌やウイルスが患者の手などに付着。付着した手で物を触わり、別の物がそれを触った際にウイルスが感染。病原体が付着することで感染するのが接触感染です。

上記のようにインフルエンザは全ての年齢層で感染し、12月上旬よりその勢力を拡大していきます。
それではどのような対策をとれば、インフルエンザにかかりにくくなるのでしょうか?

●予防
①手洗い・うがい
外出をした後には自身の手などにウイルスが付着している可能性があります。
石鹸を使い、しっかり手洗いをして予防しましょう。また、合わせて飛沫感染を防ぐためにもうがいをしましょう。

②予防接種を受ける
インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減少させ、大きな効果が得られる可能性があります。会社等でも受診を促している企業もあると思われますので、受診しておきましょう。

③マスクをつける
外出をする時には菌を吸い込まないようにマスクの着用をしましょう。
また、自身が感染をしており菌を撒き散らす可能性もあります。正しい着用をして予防をしましょう。
※正しいマスクの着用例
鼻からあごまでをマスクで覆い、鼻周りにの隙間を埋めるように着用をしましょう

④換気、湿度管理をしよう
インフルエンザの菌は、湿度が低く温度が高い場所で繁殖が行われます。
なので加湿器等を利用して湿度を高くし、適度に換気を行いながらからからに渇いた室内にしないようにしましょう。

上記にあげた例は一例とはなりますが、人が多くいるような場所に行く際にはマスクをつける。家に戻った時には手洗い・うがい。換気や湿度を管理。こうした少しの行動で、インフルエンザにかかるリスクを減少させることができます。

少しでも「体調が悪い」と思ったら、病院に受診をして早めの対策をしましょう。