国際民間航空機関(ICAO) から、「緊急時において旅客が避けるべき姿勢及び
旅客に推奨される衝撃防止姿勢」が示されました。

多くの航空会社が、4月01日から、こちらを推奨姿勢に変更しました。

衝撃防止姿勢
前傾するだけでなく「顎を引き、頭を前の座席に付ける」
ということがポイントですね。