【危険度】
●マリ及びブルキナファソとの国境地帯並びに北東部コモエ国立公園地域及びガーナとの国境地帯の一部
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)
●北部のレベル3発出地域の南側
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)
●モンターニュ地方全域,リベリア国境地帯
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記を除く地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●隣国マリ南部,ブルキナファソ南部での武装集団の活動による治安悪化に伴い,武装集団の活動域がマリ及びブルキナファソとの国境地帯並びに北東部コモエ国立公園地域及びガーナとの国境地帯の一部へも広がっていることから,同地域の危険度をレベル3(渡航中止勧告)に引き上げます。
●武装集団の活動域の南下傾向が続いており,北部のレベル3発出地域の南側にもテロの脅威が及ぶ可能性がありますので,同地域の危険度をレベル2に引き上げます。
●リベリアとの国境地帯を含む西部地域では,以前から存在する部族対立に加え,土地所有を巡る問題等により住民間の衝突が散発していますので,危険レベル2を継続します。

続きを読む