新型コロナウイルス感染症が業務に影響を与え始めて1年が過ぎました。
当初は予想もしていなかった影響の大きさに愕然としています。

報じられている通り、我々旅行会社は、売上激減により、統合、閉店、就業者の減少が進んでいます。海外への観光旅行が完全に止まってしまっている現状では仕方がないことかもしれません。

私どもの会社は、観光ではなく業務渡航(出張や赴任)手配が中心の旅行会社です。コロナ禍の下でも、赴任や出張など、どうしても国際移動しないといけない方々がいらっしゃいます。その方々に如何に渡航していただけるかを確認・実施することが、現在のメイン業務となっています。各国の入国制限は、感染拡大の状況で、日々変更され、せっかく準備した書類が翌日には、意味がなくなってしまうことも何度かありました。

それでも、少しずつですが、渡航制限が緩和される国もでてきており、春以降に向けて少し光が見えてきた感じがします。ワクチン接種も始まりました。少しでも早くコロナ前の状態に戻ることをを願うばかりです。もうしばらくの辛抱です。