総合人材サービスサンヴァーテックス » 旅ブログのフィード

2020年旅券発給開始

Filed under: 旅ブログ - @ 2020年2月5日 5:00 PM

2月4日の受付分から日本のパスポートが新しくなります。

2020年旅券といわれる新パスポートは、表面のデザインに変更は
ありませんが、査証ページに葛飾北斎「冨嶽三十六景」が描かれます。

また、内蔵ICチップの機能が向上したことで、一段と偽造が難しく
なっているということです。

有効期限が近い方は、ラッキー感がありますね。

オランダ → ネザーランド

Filed under: 旅ブログ - @ 2020年1月9日 3:51 PM


オランダは、自身の呼称を、オランダ Holland ではなく
ネザーランド The Netherlands とすることにしました。

もともとHollandは、一部の州の呼称だったとのこと。
正式な国名を定着させることで、別の地域も訪れてもらおうという
国際的イメージチェンジの目的もあるそうです。


オランダといえば「江戸時代に交易のあった唯一の外国」として
親しみを持っている日本人も多いようです。

東京「八重洲」は、オランダ人「ヤン・ヨーステン」の屋敷があったことに
由来し「ヤヨース」がなまったものだそうです。おもしろいですね。

(外務省WEB)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol29/index.html

伊丹空港/関西空港

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年12月12日 4:42 PM

 

大阪に行く機会がありました。
伊丹空港/関西空港について思ったことをいくつか。

<伊丹空港>
昨年初め、ターミナルビルが改装され、全体的に明るい雰囲気になって
いました。展望デッキも従来の1.5倍の広さに。眺めだけで考えれば
やはり千里川土手に軍配があがりますが、アクセスを考慮すると
空港展望デッキも良いですね。

空港から市内へのバスも、一部を除いて電子マネー対応。
関東からの旅行者も普段使いの交通カード(SUICAやPASMO)があれば
ストレスフリー。便利な世の中になりました。

<関西空港>
難波からの移動に、南海ラピートを利用しました。いつか乗りたいと思って
いましたが運航25年目にして始めての乗車。
「鉄人28号」ばりの外観と対照的に、車内インテリアは落ち着いており好印象。
難波からの料金は、関空特割ラピート切符を利用して、1290円。

ラピート   ラピート車内
関西空港にも展望ホールへがあります。20分に1本程度運行している
無料循環バスを利用して移動します。伊丹ほど広くはありませんが
国際線便の離着陸便を楽しめます。国内専用の伊丹と違い、関空では
海外の航空会社を多く見られます。

また、展望ホールにある航空グッズショップには、関空オリジナル商品も多く
足を運ぶ価値あり。

ラピートルジャーラピートルジャー(関西空港駅にいました)

海外旅行代金への消費税

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年10月7日 8:07 AM


10月1日、消費税率が10%となりました。

しかし、9月30日まで10万円だったハワイへのパッケージツアーが
今回の増税分(2%=約1852円)そのまま値上げされたわけではありません。

そもそも海外旅行について、消費税は掛かっていません。
海外で消費するものについては消費税は免税/不課税であるからです。
そのため、国際線航空券なども消費税増税に伴う値上げはありません。

ただ、国内で消費される部分である国内空港施設使用料には消費税が
課税されていますので、その部分に対する消費税率アップ分は値上げ
されたことになります。

参考
成田旅客サービス施設使用料/旅客保安サービス料(おとな):2,610円→2,660円
羽田空港取扱施設利用料(おとな):2,570円→2,610円

搭乗手続き締切時間(羽田空港)

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年8月26日 1:28 PM

各社まちまちだった羽田空港の搭乗手続き締め切り時間が
10月27日より概ね統一されます。締切時間を早めることにより
定時出発率の向上が見込まれます。

国内線(JAL/ANA)
保安検査場の締切時間:出発20分前

国際線(JAL/ANA)
搭乗手続き締切時間:出発60分前

*********************
いままでの締め切り時間
JAL国内線:保安検査場締切時間:出発15分前
ANA国際線:搭乗手続き締切時間:出発40分前

定時運航率

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年7月11日 1:15 PM


お客様より「特定の航空会社がよく遅延するので利用を控えたい」と
いうお話があり、公表されている定時運航率を調べてみました。

「OAG」という航空データ業界老舗が発表しているデータが見つかりました。

この運航率は、運航総数や、運航地域等にも左右されるので、あくまで
目安ではあると思いますが・・・

2018年6月から2019年5月
日本の航空会社ランキング

定時運航率(%)
 90.5% Fuji Dream Airlines
 90.0% Star Flyer
 89.2% Skymark Airlines
 87.8% AirDo
 85.2% All Nippon Airways
 84.3% Japan Airlines
 83.7% Solaseed
 78.1% Japan Air Commuter
 73.2% Peach Aviation Limited
 72.4% Jetstar Japan
 71.9% Japan Transocean Air

個人的には、おやっ?となる意外なランキングでした。

利用航空会社選択の参考になるでしょうか。

データ元
ON-TIME PERFORMANCE STAR RATINGS FOR THE WORLD’S AIRLINES
https://www.oag.com/on-time-performance-airline-airport-star-ratings

国内航空券の発売日

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年6月12日 8:43 AM


9月10日から日本航空国内線航空券が最大330日前から購入できるようになります。
現在の予約開始日は原則、利用2ヶ月前ですから大きな変化です。
(全日空はすでに最大355日前から購入が可能になっています。)

予約開始日が早くなる理由としていわれているのは・・・

1) 訪日外国人の利便性向上のため
訪日外国人の増加にともない、日本国内移動のスケジュールが早期に
立てづらいとの意見が多く上がっていたようです。

2) LCC(格安航空会社)対抗のため
LCCは、もとより半年~1年分の予約をまとめて受けつけていますので
顧客を大きく奪われていたようです。

先の予定を立てやすくなるというのは、利用者にとっては便利なことですね。

「たびレジ」登録をお忘れなく

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年4月22日 4:22 PM

いよいよゴールデンウィーク10連休が近づいてきました。

海外に出かける方も多いと思いますが、出発前に「たびレジ」への
登録をお忘れなく。

「たびレジ」とは、外務省からの最新安全情報を日本語で受信できる
海外安全情報無料配信サービスです。テロ等も心配される昨今ですが
登録しておくことで最新の情報をメールでうけとることができます。

登録サイト 「たびレジ」


2021年1月導入予定のETIAS(エティアス)はご存じですか。

現在、日本国籍者を含む多くの方々は、ヨーロッパの *シェンゲン協定加盟国へは
事前にビザを取得すことなく渡航できます。これが、2021年1月1日から、ETIASを
通じた事前の渡航認証が必要となります。アメリカのESTAやオーストラリアの
ETAS同様です。

BREXITで揺れる英国は対象外であるため、例えば、ロンドンからユーロスターを
利用してフランスや他のEU諸国を訪ねるような旅行をされるような方は注意が
必要です。

安全のためとはいえ、面倒な世界になりつつありますね。


*シェンゲン加盟26カ国
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、
スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、
デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、
ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、
ルクセンブルク、リヒテンシュタイン

ETIAS (EU Travel Information & Authorisation System)

世界から「ヴ」が消える?

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年3月15日 1:52 PM

 

弊社社名は「サンヴァーテックス株式会社」

なぜ「バ」ではなく「ヴァ」なのか。なぜ?ちょっと高尚な感じがするから?
会社創立30年。今となっては、答えられるスタッフはひとりもいません。

NHK政治マガジンというWEBサイトに興味深い記事が掲載されました。

世界から『ヴ』が消える
http://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/15156.html

外務省で使用する国名(法律や文書に記載される国名表記)から
「ヴ」が消えるという記事。

国民に馴染みのある表記に変更されているということで、4月からは
以下の国名表記らが変更されるそうだ。

セントクリストファー・ネーヴィス → セントクリストファー・ネービス
カーボヴェルデ → カーボベルデ

古くは、使われていたヴェトナムやヴェネズエラも、いまはベトナム、
ベネズエラに表記変更されています。

記事には、「ヴ」を拡めたのは福沢諭吉だとか、第二次大戦後の
一気に流入してきた外国語への対応から「ヴ」が使われるように
なったとか・・・興味深い記事満載!

弊社社名が、サン「バ」ーテックスになる日が来るのかどうか。
私にはわかりません(笑)

follow us on Twitter

インターネット専用海外旅行保険 お見積り・お申し込みはこちら
当HPでは、お客さまの利便性を踏まえ、インターネット上で契約可能な三井住友海上の商品をご案内しています。

新・海外旅行保険off

クラブツーリズム
こちらからの契約は、クラブツーリズムとお客様の直接契約となり、割引対象とはなりません

ご相談・お問い合わせ

優良派遣事業者プライバシーマーク 製造請負優良適正事業者 第2012008号