総合人材サービスサンヴァーテックス » 旅ブログのフィード

「たびレジ」登録をお忘れなく

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年4月22日 4:22 PM

いよいよゴールデンウィーク10連休が近づいてきました。

海外に出かける方も多いと思いますが、出発前に「たびレジ」への
登録をお忘れなく。

「たびレジ」とは、外務省からの最新安全情報を日本語で受信できる
海外安全情報無料配信サービスです。テロ等も心配される昨今ですが
登録しておくことで最新の情報をメールでうけとることができます。

登録サイト 「たびレジ」


2021年1月導入予定のETIAS(エティアス)はご存じですか。

現在、日本国籍者を含む多くの方々は、ヨーロッパの *シェンゲン協定加盟国へは
事前にビザを取得すことなく渡航できます。これが、2021年1月1日から、ETIASを
通じた事前の渡航認証が必要となります。アメリカのESTAやオーストラリアの
ETAS同様です。

BREXITで揺れる英国は対象外であるため、例えば、ロンドンからユーロスターを
利用してフランスや他のEU諸国を訪ねるような旅行をされるような方は注意が
必要です。

安全のためとはいえ、面倒な世界になりつつありますね。


*シェンゲン加盟26カ国
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、
スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、
デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、
ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、
ルクセンブルク、リヒテンシュタイン

ETIAS (EU Travel Information & Authorisation System)

世界から「ヴ」が消える?

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年3月15日 1:52 PM

 

弊社社名は「サンヴァーテックス株式会社」

なぜ「バ」ではなく「ヴァ」なのか。なぜ?ちょっと高尚な感じがするから?
会社創立30年。今となっては、答えられるスタッフはひとりもいません。

NHK政治マガジンというWEBサイトに興味深い記事が掲載されました。

世界から『ヴ』が消える
http://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/15156.html

外務省で使用する国名(法律や文書に記載される国名表記)から
「ヴ」が消えるという記事。

国民に馴染みのある表記に変更されているということで、4月からは
以下の国名表記らが変更されるそうだ。

セントクリストファー・ネーヴィス → セントクリストファー・ネービス
カーボヴェルデ → カーボベルデ

古くは、使われていたヴェトナムやヴェネズエラも、いまはベトナム、
ベネズエラに表記変更されています。

記事には、「ヴ」を拡めたのは福沢諭吉だとか、第二次大戦後の
一気に流入してきた外国語への対応から「ヴ」が使われるように
なったとか・・・興味深い記事満載!

弊社社名が、サン「バ」ーテックスになる日が来るのかどうか。
私にはわかりません(笑)

燃油サーチャージ値下げ

Filed under: 旅ブログ - @ 2019年2月20日 8:20 AM

ANA(全日空)が、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の
引き下げを発表しました。

4月1日から5月31日発券分が対象ですが、大幅な引き下げです。
(例 北米行き片道17500円から7000円)

他航空会社も同様に動きになるものと思いますが、原油価格は
再び上昇傾向にあり、安価に購入できるのは一時的といわれて
います。航空券購入は4月/5月が狙い目かもしれませんね。

フィンランドからのサンタクロース

Filed under: 旅ブログ - @ 2018年12月14日 5:25 PM

クリスマスまであと10日ほどになりました。

先日、サンタクロースのふるさとフィンランドから
公認サンタクロースがやってきました。

フィンランドの航空会社「フィン・エア」でやってきた
サンタクロース。フライト時間は9時間半でした。
トナカイでの来日であったなら、どれくらいかかったでしょう。

フィンランドの首都ヘルシンキですが、実は日本から欧州への
ゲートウェイとして人気の都市です。地球は丸いため
東京~ヘルシンキの距離は約5200マイル。(ロンドンまでは
約6200マイルです。) 欧州他都市への訪問も、経由便であれば
ヘルシンキ経由が最も所要時間が短いことが多いのです。

このサンタクロース、日本の子どもへ「両親のいうことを聞いて
よい子に過ごしてください。常に他人を愛する気持ちを
持っていてください!」というメッセージを残したそうです。

国際観光旅客税(いわゆる出国税)

Filed under: 旅ブログ - @ 2018年7月27日 4:42 PM

まだ、広く周知されているとはいえませんが
来年1月7日以降に航空機または船舶で日本を出国する際
1人1000円の出国税が徴収されることが決まっています。

今後の観光政策への財源確保という理由から導入されるもの
です。1000円は航空券代金に含んで徴収されるため、徴収されて
いる実感は小さいかもしれませんが、昨今、燃油サーチャージも
高騰し始め、旅行者の懐にとっては厳しいものとなりそうです。

*来年1月7日以降の発券について徴収されますので、年内の
発券分に対しては徴収されません。少しでも安価に航空券を
購入されたい方は年内の購入をお勧めします!

国際観光旅客税.pdf

千里川土手で飛行機を楽しむ

Filed under: 旅ブログ - @ 2018年5月18日 4:21 PM

 

少し前になりますが、伊丹空港を利用する機会があり、以前から行ってみたかった
大阪/千里川土手にいってきました。(googleのCMでも話題になりましたね。)

伊丹空港の滑走路端にある土手ですが、訪れるのはかなり不便。
伊丹空港からモノレール・電車を乗り継ぎ、更に徒歩30分。
特に看板があるわけでもなく、途中上空を通過する飛行機をみながら
コマーシャル通り、GOOGLE MAPを頼りに歩きました。

千里川土手_3
愛用の「フライトレーダー24」アプリを立ち上げ、到着便を待ちます。
このアプリ。どんな飛行機がどこを飛んでいるかがわかる飛行機好きにはたまらないアプリです。

 

 
千里川土手_5
札幌からの全日空便がくるぞ。おっ、ライトが見えてきた。✈きたぞきたぞ。✈グォーッッッ✈上空を通り過ぎて滑走路に着陸。


頭上数十メートルを飛んでいくというシビれるスポット。飛行機好きでなくとも楽しめるスポットです。

 

千里川土手_4近くにトイレもコンビニもなく、長居するのは難しい場所。滞在は1時間程度でしたが存分に楽しむことができました。

 
*セントマーチン・プリンセスジュリアナ空港にもずっと行きたいと思っているのですが、これはいつになるでしょうか   。(ビーチ真上を飛行機が飛びます。)

日本のパスポート

Filed under: 旅ブログ - @ 2018年2月6日 3:59 PM

海外に渡航する場合、基本的には事前にビザ(査証)の取得が必要です。
ただ、相互にその面倒を免除する慣例があり、実際にはパスポートだけ
あれば渡航できる国が多いのが実際です。

こんな記事をみかけました。

事前にビザの取得等の準備なく渡航できる国の数が多いパスポート。
第1位 159ヶ国 シンガポール
第2位 158ヶ国 ドイツ
第3位 157ヶ国 スウェーデン、韓国

日本は次いで第5位156ヶ国(フランス・デンマーク・フィンランド・ノルウェイとも)。
米国は、154ヶ国で19位。

*国連加盟193ヶ国に台湾・マカオ・香港・コソボ・パレスチナ自治区・バチカンを加えた
199ヶ国中。

150ヶ国以上にビザなしで渡航できるということは、本当はすごいこと。
でもこれがすごいことだとは、なかなかわからないんですよね。
皆さん、旅にでましょうか!



*2018年3月追記
別調査2018年ランキングでは、シンガポールと並び日本は世界第1位と
評価されています。https://www.henleypassportindex.com//global-ranking

 

タイ 電子タバコは所持も禁止です。

Filed under: 旅ブログ - @ 2017年9月20日 3:50 PM

日本からの渡航者も多い、微笑みの国「タイ」。

この国は、電子タバコの持込・所持が禁止されています。
商品名「IQOS/アイコス」も電子タバコとみなされ、たとえ観光客であっても
罰金刑等に問われるケースが出始めているようです。場合によっては収監される
こともあるとのこと。

昨年は144万の日本人が訪れたタイです。渡航される方はご注意ください。

ビニール袋の所持が違法?(ケニア)

Filed under: 旅ブログ - @ 2017年8月29日 8:46 AM

ビニール袋の所持が違法に(ケニア)

8月28日よりケニア国内でのビニール袋の「使用・所持」が
違法となりました。環境保護という観点からは素晴らしいと
思うのですが、所持まで禁止というのは驚きです。

ただ、この法律が、悪質警察官の小遣い稼ぎのネタに
なるであろうともいわれています。

まずは、到着時の空港荷物検査。到着早々、嫌な思いを
しない為にもケニヤ入国前に荷物の再確認が必要でしょう。

日本海外ツアーオペレーター協会 海外旅行現地情報
http://www.otoa.com/news_detail.php?code=32764

follow us on Twitter

インターネット専用海外旅行保険 お見積り・お申し込みはこちら
当HPでは、お客さまの利便性を踏まえ、インターネット上で契約可能な三井住友海上の商品をご案内しています。

クラブツーリズム
こちらからの契約は、クラブツーリズムとお客様の直接契約となり、割引対象とはなりません

ご相談・お問い合わせ

優良派遣事業者プライバシーマーク 製造請負優良適正事業者 第2012008(01)号