総合人材サービスサンヴァーテックス » 海外安全情報のフィード

【危険情報】トリニダード・トバゴ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2020年2月14日 5:20 PM

【危険レベル】
●全土
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●トリニダード・トバゴでは,2019年の殺人事件件数は2018年に引き続き高い発生件数を記録しています。また,従来は比較的安全とされていた地域でも凶悪犯罪が発生しているので,場所を問わず十分注意してください。
●アジア系住民(特に中国人)を狙った銃器を使用した強盗,殺人等の凶悪犯罪が頻発しており,日本人が犯罪に巻き込まれる可能性も排除されませんので十分注意してください。
続きを読む

【危険レベル】
●全土
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●首都グアテマラ市をはじめとする全土で,殺人,強盗,窃盗等の犯罪が頻発していますので,不測の事態に巻き込まれないよう,十分注意してください。
●特に,青少年凶悪犯罪集団(マラス)等による犯罪や抗争には巻き込まれないよう,最新の情報の入手に努め十分注意してください。

続きを読む

【危険度】
●全土
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

【ポイント】
●イエメン全土で,イエメン政府と反政府勢力との衝突,イスラム過激派組織によるテロ,誘拐事件が発生しています。イエメンへの渡航は,どのような目的であれ止めてください。また,既に滞在されている方は直ちに退避してください。
●在イエメン日本国大使館は,治安悪化のため2015年2月15日をもって一時閉館し,在サウジアラビア日本国大使館内に臨時事務所を設けています。

続きを読む

【危険度】
●パキスタンとの国境地帯
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●ケルマンシャー州及びイーラーム州のイラクとの国境地帯
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●イラク及びアフガニスタンとの国境地帯(上記を除く)
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●シスタン・バルチスタン州(チャーバハール市及び同市周辺の自由貿易地域並びにアフガニスタン及びパキスタン国境地帯を除く)
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●シスタン・バルチスタン州チャーバハール市,同市周辺の自由貿易地域及びケルマーン州
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)
●首都テヘラン他,上記地域を除く全地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)

【ポイント】
●1月3日,イラン革命ガード高官がイラク国内で米国に殺害され,8日,イラン革命ガードがイラク国内の米軍駐留基地に対しミサイル攻撃を行うなど,米・イラン間の緊張が高まっていますが,米国・イラン双方とも,これ以上のエスカレーションを回避したい意向を明確にしていることを踏まえ,シスタン・バルチスタン州チャーバハール市,同市周辺の自由貿易地域,ケルマーン州及び首都テヘラン他の地域については,危険レベルを3から2に引き下げます。一方,今後も一定の緊張状態は継続するとみられ,イラン国内で不測の事態が発生するおそれが否定できないことから,イランへの不要不急の渡航・滞在は止めてください。なお,やむを得ない事情により渡航・滞在する場合には,渡航期間に応じ,在留届又はたびレジの登録を行い,かつ出入国について在イラン大使館と緊密に連絡を取るようにしてください。また,複数の情報源から最新の情報を入手するなど特別な注意を払うとともに,十分な安全対策を講じてください。
●パキスタン,イラク及びアフガニスタン国境地帯等では,治安部隊と反政府組織との衝突やISIL関係者等の摘発がみられます。目的如何を問わず,同地域への渡航は止めてください。

続きを読む

【危険度】
●ラカイン州マウンドー県(マウンドー地区,ブディタウン地区)
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(滞在中の方は,不測の事態に巻き込まれないよう退避を含め危険回避を常に心掛けてください。)(継続)

●ラカイン州シットウェ県(シットウェ地区(除く市街地),パウトー地区,ポンナチュン地区,ラテダウン地区),ミャウー県(ミャウー地区,チャウトー地区,ミンビャ地区,ミェボン地区),チン州パレワ地区
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(滞在中の方は,不測の事態に巻き込まれないよう退避を含め危険回避を常に心掛けてください。)(引き上げ)

●シャン州コーカン自治地帯,カチン州ライザー周辺
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●カチン州(ライザー周辺を除く),シャン州北部(コーカン自治地帯及びラショー,地区,チャウメー地区,ティーボー地区の市街地を除く),ラカイン州シットウェ県シットウェ地区の市街地,チャオピュー県(チャオピュー地区,マンアウン地区,ラムリー地区,アン地区)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●上記以外の地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●ラカイン州マウンドー県では,2017年8月の「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」による治安拠点に対する襲撃事件及びバングラデシュへの避難民の流出以後,不安定な情勢が続いているため,同地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。
●2019年1月,少数民族武装組織「アラカン軍(AA)」がラカイン州ブディダウン地区所在の国境警備警察4拠点を攻撃し,警察隊員22名が死傷しました。これをきっかけに,ラカイン州北部及びチン州パレワ地区では,国軍とAAの戦闘が激化しています。こうした緊迫した治安情勢を受けて,ミャンマー政府は,ラカイン州5地区及びチン州パレワ地区に夜間外出禁止令を発出しました。つきましては,ラカイン州シットウェ県(除くシットウェ地区市街地),ミャウー県,チン州パレワ地区の危険レベルを2から3に引き上げます。同地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。既に滞在中の方は不測の事態に巻き込まれないよう退避を含め危険回避を常に心掛けてください。
●少数民族武装組織の活動地域では依然として不安定な情勢が続いており,当該地域にレベル3及び2を継続して発出しています。

続きを読む

【危険情報】トルクメニスタン

Filed under: 海外安全情報 - @ 2020年2月7日 2:17 PM

【危険レベル】
●アフガニスタンとの国境付近
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●その他の地域(首都アシガバットを含む)
レベル1:十分注意してください(継続)

【ポイント】
●隣国アフガニスタンでは,タリバーン等の過激派武装勢力によるテロ事件や外国人を狙った襲撃事件が多発しており,同国との国境付近では今後,治安情勢が悪化する可能性も否定できないことから,アフガニスタンとの国境付近への不要不急の渡航は止めてください。

続きを読む

【危険度】
●全土:レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

【ポイント】
●全土に危険レベル4(退避勧告)を発出しており,日本人渡航者・滞在者に深刻な危険が及ぶ可能性が極めて高い状況が継続しています。シリアへの渡航は,どのような目的であれ止めてください。既に滞在されている方は,直ちに退避してください。

続きを読む

【注意喚起】中国

Filed under: 海外安全情報 - @ 2020年2月5日 4:31 PM

中国にお住まいの皆様及び渡航中又は渡航予定の皆様へ

1 1月31日の世界保健機関(WHO)の緊急事態(PHEIC)宣言以降も,新型コロナウイルスによる感染症が拡大しており,2月4日現在,27か国・地域において約2万人を超える感染者が報告されています。

2 各国の航空会社が相次いで中国との間の航空便を運休する中,今般,以下の日系航空会社が我が国と中国との航空便の運休・減便を発表しており,現地在留邦人及び海外渡航者の方の移動に大きな影響が出ることが見込まれます。

参考
○日本航空ホームページ
https://www.jal.co.jp/info/2020/inter/200204/

○全日空ホームページ
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202002/20200204-3.html

3 湖北省全域での公共交通機関の停止や駅・空港の閉鎖に続き,2月2日,浙江省温州市でも市内全域における市民の外出制限や,大部分の高速道路(全55個中46個の出入り口)の封鎖が発表されました。今後,こうした移動を制限する措置が,他の地域・都市にも拡大する可能性があります。また,引き続き,欧米を始めとする主要国は,中国全土又はその一部に対して,渡航中止や退避勧告等の渡航制限を行っています。

4 以上を踏まえ,現地在留邦人及び海外渡航者の方におかれましては,これまでの感染症スポット情報でもお伝えしてきているとおり,今後,公共交通機関を始め移動の制約が更に拡大する可能性に備え,情報収集等に万全を期すとともに,日本への早期の一時帰国を含む安全確保について,改めてご検討ください。

5 なお,我が国は,1月31日,湖北省に発出している感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)を維持しつつ,中国全土を感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航中止)に引き上げています。また,我が国政府は,海外安全ホームページやメールを通じて感染症スポット情報を随時発出し,現地在留邦人及び海外渡航者に対して,情報提供・注意喚起に努めています。

6 我が国の取組
(1)厚生労働省検疫所は,湖北省からの帰国者及び入国者に対して,咳や発熱等の症状がある場合には,検疫官に自己申告するよう呼びかけています。日本でもこれまでに20の症例が確認されており,帰国後にこれらの症状がある場合には,マスクを着用するなどし,湖北省に滞在歴があることを申告の上,医療機関を受診するよう協力を求めています。

参考:厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

(2)法務省出入国管理庁は,2月1日午前0時(日本時間)から,本邦への上陸の申請日前14日以内に中国湖北省における滞在歴がある外国人及び同省において発行された同国旅券を所持する外国人については,特段の事情がない限り,上陸を拒否し得ることとなる旨,発表しました。

参考:法務省ホームページ
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/20200131comment.html

7 在留届及び「たびレジ」への登録のお願い
 海外渡航前には,万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え,必ず在留届を提出してください。
( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )
 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html 参照)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)4475
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/
 (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html
 (モバイル版)

(現地在外公館連絡先)
○在中国日本国大使館
住所: 100600 北京市朝陽区亮馬橋東街1号
Tel: 010-8531-9800(代表)
大使館ホームページ: https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【感染症危険情報】中国

Filed under: 海外安全情報 - @ 2020年1月31日 5:03 PM

【危険度】
●中国湖北省全域
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●上記以外の地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)
感染がさらに拡大する可能性があるので,最新情報を入手し,感染予防に努めてください。
中国における感染例数等についての最新情報は,感染症広域情報でご確認ください。

続きを読む

【危険情報】マラウイ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2020年1月27日 3:36 PM

【危険レベル】
●全土
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●2019年5月,大統領選挙及び国民議会総選挙が実施されましたが,人権擁護連盟(HRDC)及び野党等は,選挙に不正があったとして,選挙結果に対する抗議活動を各地で実施しています。一部の抗議活動参加者が暴徒化し,道路封鎖,投石,放火,略奪等の暴力行為に発展しています。今後も抗議活動はつづく見込みですので,報道等により最新情報の入手に努めると共に,多数の人が集まる場所には近づかない等,自身の安全確保に努めてください。

続きを読む

follow us on Twitter

インターネット専用海外旅行保険 お見積り・お申し込みはこちら
当HPでは、お客さまの利便性を踏まえ、インターネット上で契約可能な三井住友海上の商品をご案内しています。

新・海外旅行保険off

クラブツーリズム
こちらからの契約は、クラブツーリズムとお客様の直接契約となり、割引対象とはなりません

ご相談・お問い合わせ

優良派遣事業者プライバシーマーク 製造請負優良適正事業者 第2012008号