総合人材サービスサンヴァーテックス » 海外安全情報のフィード

【危険情報】バングラデシュ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年11月21日 5:13 PM

【危険度】
●全土
レベル2:不要不急の渡航は止めて下さい。(継続)

【ポイント】
●2018年末から2019年初頭に総選挙が予定されており,選挙運動参加者の一部と治安部隊との衝突が頻繁に発生する可能性があります。各政党事務所やダッカ大学周辺など,過去に大規模集会が行われた場所等には極力近づかないように注意してください。
●2016年7月1日,ダッカ市内のレストランにおいて,日本人7名を含む20名以上の死傷者を出す襲撃テロ事件が発生しました。依然としてテロの脅威はあるため,1(2)テロ情勢の項目を参照し,警戒してください。

1 概況
(1)政治情勢
バングラデシュでは,2018年末から2019年初頭に実施予定の第11回総選挙に向けて,今後選挙戦が過熱してくることが予想されます。2014年1月に行われた総選挙に際しては,選挙前からハルタル(※)やそれに伴う抗議集会が全国各地で実施され,選挙運動参加者の一部と治安部隊との衝突が発生したほか,爆弾の爆発や,公共交通機関への放火などに発展し多数の死傷者が発生した例もあります。次回総選挙に向けて,各政党事務所やダッカ大学周辺など,これまでに選挙運動や大規模集会が行われた場所等には極力近づかないようにするほか,邦人を含む外国人が多数居住する地域においても上記のような事態が発生したこともあるので,そのような地域においても注意が必要です。

続きを読む

【危険度】
●全土:レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

【ポイント】
●全土に「レベル4:退避勧告」を発出しています。日本人渡航者・滞在者に深刻な危険が及ぶ可能性が極めて高い状況が継続しています。シリアへの渡航は,どのような目的であれ止めてください。また既に滞在されている方は直ちに退避してください。

1.概況
(1)シリア国内においては,ISIL(イラク・レバントのイスラム国)等イスラム主義過激派,反政府武装勢力,クルド勢力及びシリア軍・治安当局等の間でそれぞれの勢力が入り乱れて衝突しており,多数の死傷者が発生しています。また,ISIL,反政府武装勢力及び犯罪集団等による誘拐・強盗等の凶悪犯罪も多発しており,極めて危険です。

続きを読む

【危険情報】トルコ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年11月7日 5:31 PM

【危険レベル】
●シリアとの国境地帯,イラクとの国境地帯の一部
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●ディヤルバクル県及びイラクとの国境地帯(レベル4の地域を除く)
  レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●ハッカーリ県,シュルナク県,ハタイ県,キリス県,ガジアンテップ県,シャンルウルファ県,マルディン県(シリア及びイラクとの国境地帯を除く)
  レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●イスタンブール県,東部11県(トゥンジェリ,エラズー,ビンギョル,ムシュ,ビトリス,ヴァン,ウードゥル,カルス,アール,エルズルム,エルジンジャン)及び南東部3県(バトマン,シールト,アドゥヤマン)
  レベル1:十分注意してください。(継続)
●アンカラ中心部及びエセンボア空港 危険レベル解除(引き下げ)

【ポイント】
●アンカラ中心部及びエセンボア空港においては,トルコ政府による各種テロ対策が功を奏し,死者を伴う大規模なテロは2年以上発生していないこともあり,同地域に発出されていた「危険レベル1:十分注意してください。」を解除します。
●イスタンブールにおいては2017年1月1日のISILによるテロ事件以降,大きなテロは発生していませんが,テロ関係者の拘束が継続しています。最新の治安関係情報を入手するようにしてください。
●2018年1月20日から実施されたトルコ軍による「オリーブの枝」作戦により,シリア北西部アフリーン地区から,クルド人民防衛隊(YPG)等のクルド系武装組織が一掃されましたが,シリアとの国境地帯,イラクとの国境地帯の一部の地域は,テロ,誤爆,流弾等の危害が及ぶ可能性が排除されません。どのような目的であれ渡航は止めてください。既に滞在中の方は退避してください。
●ディヤルバクル県及びイラクとの国境地帯は,治安当局を狙ったテロや治安当局と「クルディスタン労働者党」(PKK)との衝突が発生しています。どのような目的であれ渡航は止めてください。

続きを読む

【危険情報】タンザニア

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年10月31日 9:02 AM

【危険度】
●ブルンジとの国境付近
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●インド洋沿岸部(ザンジバルを含む。),タンガニーカ湖岸付近及びルワンダとの国境付近,アルーシャ州及びムトワラ州(インド洋沿岸部を除く。)
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●ブルンジとの国境付近は治安当局の管理が十分に行き届いておらず,武装強盗が存在するほか,多くの難民を抱えているため,治安が不安定です。渡航はどのような目的であれ止めてください。
●首都ダルエスサラームでは,外国人観光客を狙った凶悪犯罪が頻発していますので,十分注意してください。

1.概況
(1)近年,タンザニアでは貧困に起因する一般犯罪が頻発しており,また,周辺国からの不法滞在者や密入国者,武器・麻薬等の密輸入に関連した犯罪が凶悪化する傾向にあります。また,ダルエスサラームにおいて外国人観光客を狙った犯罪も依然として発生しており,注意が必要です。

続きを読む

●全土
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●2019年に実施予定の大統領選挙及び国民議会総選挙を控えて,各政党候補者による選挙キャンペーンが国内各地で行われています。現地の情勢に関する最新情報を入手し,慎重な行動を取るよう十分注意してください。

1.概況
(1)マラウイでは2019年5月に実施予定の大統領選挙及び国民議会総選挙に伴い国内各地で選挙活動が活発化しており,各候補者の支持者同士による大規模な衝突が発生する可能性があります。選挙運動期間中は,各政党や候補者の遊説,集会,行進が行われている場所および関連施設には近づかない,候補者の非難や支持など不用意な言動を慎むなど,自ら安全確保に留意してください。

続きを読む

【危険情報】マリ

Filed under: 海外安全情報 - @ 8:59 AM

【危険度】
●トゥンブクトゥ州,キダル州,ガオ州,モプチ州,セグー州,クリコロ州北部及びカイ州北部
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

●首都バマコ市を除く上記以外の地域
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●首都バマコ市
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●マリ北部及び中部の全域並びに南部のクリコロ州の北部,カイ州の北部については,引き続きテロの高い脅威が認められるため,レベル4(退避勧告)を継続します。
●マリ全土で,テロ,誘拐事件等の不測の事態に巻き込まれる高い脅威があります。やむを得ずマリへ渡航する場合には,首都バマコ市内に留まるようにしてください。
●バマコ市においても,2017年6月,イスラム過激派組織がリゾート施設を襲撃するテロ事件が発生しているほか, 2018年7月から9月に実施された大統領選挙結果に対する抗議,反フランス等を掲げた大規模デモ・集会に加え,白昼の武装強盗等の凶悪犯行も発生していることから,十分な安全対策を講じてください。

続きを読む

【危険情報】ボリビア

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年10月24日 11:06 AM

●ラパス市,エルアルト市,コパカバーナ市,サンタクルス市
  レベル1:十分注意してください。(継続)
●ポトシ市及びベニ県
  危険レベル解除(引き下げ)

【ポイント】
●ポトシ市及びベニ県においては,治安が改善されていることから,同地域に発出していた危険情報を解除します。
●デモによる道路封鎖等により陸路での移動が困難になることがあり,またデモはしばしば放火や暴動等に発展するので,万一デモ隊や群衆に遭遇した場合には,直ちにその場から離れ,安全な場所へ避難してください。

1.概況
(1)ボリビアでは,首絞め強盗や偽警察官による詐欺等が,観光地を中心に発生しており注意が必要です。また,頻繁にデモや道路封鎖等の抗議行動が発生しており,しばしば放火や暴動等に発展し,陸路での移動が困難になる場合がありますので,時間に余裕をもって行動してください。また,移動にあたってはデモや集会に近づかないように細心の注意を払い,万一デモ隊や群衆に遭遇した場合には,直ちにその場から離れ,安全な場所へ避難してください。

続きを読む

【危険情報】ウガンダ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年10月19日 5:13 PM

【危険度】
●西部(ブンディブジョ県,ントロコ県) 
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●カボング県(キデポ国立公園を除く)
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)
●南スーダンとの国境付近
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●北東部(コティド県,アビム県,モロト県,ナパク県,ナカピリピリティ県,アムダティ県,キデポ国立公園)
 レベル1:十分注意してください。(引き下げ)
●首都カンパラを含むその他の地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●西部(ブンディブジョ県,ントロコ県)については,危険レベル3(渡航中止勧告)を発出しています。警察署等から多くの銃器が略奪されるなど,依然として不安定な治安情勢が続いていますので,これらの地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。
●カボング県(キデポ国立公園除く)
 近年はウガンダ政府の努力と欧米諸国の支援により大幅に治安が改善しているところ,危険レベルを2に引き下げますが,洪水や飢饉による被害が発生しやすく,こうした事態により治安が悪化する可能性がありますので,不要不急の渡航は控えてください。
●北東部(キデポ国立公園含む)
 反政府勢力「神の抵抗軍」(LRA)の活動の終息により,治安情勢が大幅に改善され,現在も安定した情勢が継続しているところ,危険レベルを1に引き下げますが,軽犯罪及び夜間の重犯罪が頻発しておりますので,滞在中は十分注意してください。

1.概況
(1)2009年10月,ソマリアの武装勢力「アル・シャバーブ」(AS)は,ウガンダ軍がAU平和維持活動部隊(AMISOM)としてソマリアへ派兵されていることを理由に,ウガンダに対する報復テロを行う旨の声明を発出しました。2010年7月,ウガンダの首都カンパラ市内の2ヵ所において爆弾テロ事件が発生し,74人が死亡,84人が負傷しました。

続きを読む

【危険レベル】
●全土
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●プノンペン都内を中心に,強引なひったくり事案等が頻発し,重傷を負う場合もあるほか,凶器を使用した強盗事件に日本人旅行者が巻き込まれる事案も発生しています。外出する際には,極力バッグ等の荷物は持たない,タクシー等の自動車を利用する,周囲への警戒を怠らないなど,犯罪の標的とされないよう対策を講じてください。
●2017年9月に最大野党救国党の党首が逮捕され,11月に同党は解党されました。現時点で目立った衝突等は起きていませんが,2018年7月に実施された国政選挙結果等をめぐり,政治的緊張が高まる可能性も否定できないことから,常に最新の情報を入手するよう心がけてください。

1 概況
(1)一般治安情勢等
 カンボジアでは,過去の長期にわたる内戦の結果,国内に銃器類が広く出回っており,これらを使用した強盗事件等が度々発生しています。また,特に都市部や観光地において,強盗,ひったくり,置き引き,スリ,いかさま賭博等の犯罪が多発しており,多くの日本人観光客や在留邦人が被害に遭っています。特に首都プノンペンでは,日本人旅行者が,凶器を使用した強盗事件の被害に遭っています。ほかにも,トゥクトゥク(三輪タクシー)やモトドップ(バイクタクシー)で移動中にひったくりに遭い,転落して重傷を負ったり,たすき掛けにしていたバッグを強引に掴まれ,引きずり回されて怪我をする事案などの強引な手口による被害が発生しています。

続きを読む

【危険情報】アフガニスタン

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年10月11日 2:23 PM

【危険度】
●アフガニスタン全土(首都カブールを除く)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

●首都カブール
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(真にやむを得ない事情で現地に滞在せざるを得ない場合は,政府機関,所属団体等を通じて組織としての必要かつ十分な安全対策をとってください。)(継続)

【ポイント】
●アフガニスタンにおいては,タリバーン等の反政府武装勢力によるテロ・襲撃等が多発しており,一般市民や外国人も巻き込まれる事件が相次いでいます。また,下院選挙等の実施(現時点で本年10月20日)が予定されており,治安情勢は一層不安定になる可能性があります。目的の如何を問わず,渡航は止めてください。

1.概況
(1)アフガニスタンでは,主要な反政府武装勢力であるタリバーンの他,「ISILホラサーン州」と称する勢力等が各地で攻撃を繰り返しており,厳しい治安情勢が続いています。治安部隊による警備・警戒が特に強化されている首都カブール市内でも,即席爆発装置(IED)の爆発,銃撃,自爆攻撃等のテロ攻撃が多発しています。政府関係者,議員,軍・治安部隊,駐留外国軍,各国の大使館・総領事館等が主な攻撃対象となっているほか,一般市民や外国人も巻き込まれる事件が相次いでいます。また,タリバーンは,米軍をはじめとする駐留外国軍がアフガニスタンから完全に撤退するまで戦闘を継続する姿勢を示しています。これらを踏まえれば,今後も,アフガニスタンの治安情勢は厳しい状況が継続すると考えられます。

続きを読む

follow us on Twitter

インターネット専用海外旅行保険 お見積り・お申し込みはこちら
当HPでは、お客さまの利便性を踏まえ、インターネット上で契約可能な三井住友海上の商品をご案内しています。

クラブツーリズム
こちらからの契約は、クラブツーリズムとお客様の直接契約となり、割引対象とはなりません

ご相談・お問い合わせ

優良派遣事業者プライバシーマーク 製造請負優良適正事業者 第2012008(01)号