総合人材サービスサンヴァーテックス » 海外安全情報のフィード

【危険情報】シリア

Filed under: 海外安全情報 - @ 2012年1月11日 3:52 PM

●全土
:「退避を勧告します。渡航は延期してください。」(継続)
☆詳細については、下記の内容をお読み下さい。

1 概況
(1)2011年3月以降,シリア国内においては,政府に抗議し, 民主化を求める集会等が各地で発生し,デモ隊と治安当局との衝突等により多数の死傷者が発生しています。今後も治安が改善される見通しは立っておらず,首 都ダマスカスを含む各都市においては,邦人渡航者・滞在者に危険が及ぶ可能性が高い状況が継続しています。

(2)2011年12月23日 午前,ダマスカス市内カファル・スーセ地区(日本大使館から約1km南西方向)において,シリア政府機関の建物を狙った,2件の自動車爆弾テロが連続して 発生し,シリア内務省の発表によれば,このテロにより44人が死亡,166人が負傷しました。

続きを読む

●全土:「十分注意してください。」(継続)
1.概況
(1)ボスニア・ヘルツェゴビナにおいては、紛争終結以来、和平が定着し、紛争で破壊された経済・社会インフラは国際社会の支援も あって相当程度回復してきており、政治的にも民主主義体制確立のための改革が進められています。一方、国内では未だに紛争時に使用された武器が数多く出 回っており、これらを使用した強盗事件や発砲事件、爆弾事件が散発的に発生しているため注意が必要です。

(2)首都サラエボ市内においては、日中に日本人旅行者が路上強盗の被害に遭ったり、睡眠薬を飲まされて眠らされている間に貴重品を強奪される事件も発生しています。

続きを読む

【危険情報】バーレーン

Filed under: 海外安全情報 - @ 2011年12月28日 12:39 PM

●全土:「十分注意してください。」(引き下げ)
1.概況

(1)2011年1月以降に発生した「アラブの春」の影響を受け,バーレーンでは同年2月から3月にかけて大規模なデモが発生し,死傷者が出る事態に至り,3月15日には「国家安全事態宣言(非常事態宣言)」が発出されたものの,6月1日に解除されました。

続きを読む

●トリポリ及びベンガジを除く全ての地域 :「退避を勧告します。渡航は延期してください。」(継続)

●トリポリ及びベンガジ:「渡航の延期をお勧めします。」(引き下げ)

続きを読む

 

 

【危険情報】中央アフリカ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2011年12月27日 11:44 AM

●バカガ州、オート・コト州、オー・ムボム州、ムボム州、バミンギ・バンゴラン州北部、ナナ・グリビジ州北部、ウハム州北部及びウハム・ペンデ州北部の各地域:「渡航の延期をお勧めします。」(退避の可能性も検討してください。)(継続)
● バス・コト州、ワカ州、ケモ州、ボッサン・ペレ州、オンベラ・ムボコ州、ロバイエ州、サンガ・ムバエレ州、マンベレ・カデイ州、ナナ・メンベレ州、バミン ギ・バンゴラン州南部、ナナ・グリビジ州南部、ウハム州南部及びウハム・ペンデ州南部(首都バンギ市・同郊外及び国道3号線沿線地域を除く):「渡航の是 非を検討してください。」(継続)
●首都バンギ市・同郊外及び国道3号線沿線地域:「十分注意してください。」(継続)

続きを読む

【危険情報】タイ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2011年12月26日 11:32 AM

●ナラティワート県、ヤラー県、パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡)
:「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

●ソンクラー県(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●シーサケート県のプレアビヒア寺院周辺地域(同県のカンボジアとの国境地域東部)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●首都バンコク
:「十分注意してください。」(一部地域の引き下げ)

●スリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)
:「十分注意してください。」(継続)

●アユタヤ県、パトゥムタニ県、ノンタブリー県、ナコンパトム県及びサムットサコン県
:「渡航の是非を検討してください。」の解除

 

続きを読む

 

 

●北東部州及び沿岸州ラム県(ソマリアとの国境から概ね60kmまでの範囲)
:「退避を勧告します。渡航を延期してください。」(継続)
●北東部州ダダーブ難民キャンプ周辺
:「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●リフトバレー州のトゥルカナ,ウエスト・ポコット及びトランゾイア各県,西部州のブンゴマ,マウント・エルゴン各県,東部州のマルサビット及びモヤレ各県,上記以外の北東部州(ガリッサ県ガリッサを除く)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●北東部州ガリッサ県ガリッサ
:「渡航の是非を検討してください。」(引き上げ)
●沿岸州ラム県(ソマリアとの国境から概ね60kmまでの範囲を除く)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●ナイロビ,中央州,リフトバレー州(トゥルカナ,ウェスト・ポコット及びトランゾイア各県を除く),ニャンザ州,西部州(ブンゴマ及びマウント・エルゴン各県を除く),東部州(マルサビット及びモヤレ各県を除く),沿岸州(上記を除く)
:「十分注意してください。」(継続)

 

続きを読む

【危険情報】インドネシア

Filed under: 海外安全情報 - @ 2011年12月20日 1:00 PM

●パプア州プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県
:「渡航の是非を検討してください」(継続)
●アチェ州、パプア州(プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県を除く。)及び西パプア州
:「十分注意してください。」(引き下げ)
●上記を除くすべての地域(首都ジャカルタ及びバリ島を含む。)
:「十分注意してください。」(継続)

☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)インドネシアにおいては、ジュマ・イスラミーヤ (JI)が首謀したとされる大規模な自爆テロが、ジャカルタ及びバリ島で2002年から4年連続して発生し、また、2009年7月にもジャカルタで発生し ました。その後、事件の実行犯とみられる強硬派主要メンバーが数多く摘発され、テロの実行能力は低下したものと考えられています。しかし、2010年2 月、アチェ州においてテロリスト訓練キャンプの存在が確認され、訓練参加者に加え、JI主要幹部も摘発されるなど、依然としてテロの脅威が存在していま す。また、2011年4月及び9月には、それぞれ西部ジャワ州にある警察署内のモスク及び中部ジャワ州の教会付近で自爆テロが発生し、負傷者が発生してい ます。このため、テロの標的になるような場所には可能な限り近づかないようにするなど、安全確保に十分留意する必要があります。

続きを読む

【危険情報】ハイチ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2011年12月15日 11:58 AM

●首都ポルトープランス市,シテ・ソレイユ市
:「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

●カップ・ハイシアン市,ポール・ドゥ・ペ市,ゴナイーヴ市,ジェレミ市
:「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)

●上記以外の地域
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)

1.概況
(1)ハイチの治安情勢は,2010年1月に発生した震災後の復興の遅れにもかかわらず,国連ハイチ安定化ミッション (MINUSTAH)及びハイチ国家警察(PNH)による治安維持活動が奏功し,現在のところ比較的落ち着いています。しかし,主要都市では殺人等の凶悪 事件は継続して発生しており,震災の被災民の生活環境改善への期待と不満が募る中,銃器へのアクセスが容易である当地において凶悪犯罪の危険性が増す可能 性は依然として高いと言えます。

続きを読む

●全土 : 「十分注意してください。」 (継続)

☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)ミャンマーでは、2011年3月末の民政移管後もヤンゴン市内をはじめ各地域・州において散発的ながら爆弾事件が発生しています。

(2) カチン州南東部及びシャン州北部においては、2011年6月以降12月現在まで、ミャンマー国軍とカチン独立軍(KIA)との間で断続的な武力衝突が発生 し、爆弾事件等も散発しています。これら地域を除く、中国、ラオス、タイとの国境付近でも、ミャンマー国軍と少数民族武装勢力との間で散発的ながら戦闘が 行われている地域があり、爆弾事件等も発生しています。

続きを読む

follow us on Twitter

インターネット専用海外旅行保険 お見積り・お申し込みはこちら
当HPでは、お客さまの利便性を踏まえ、インターネット上で契約可能な三井住友海上の商品をご案内しています。

新・海外旅行保険off

クラブツーリズム
こちらからの契約は、クラブツーリズムとお客様の直接契約となり、割引対象とはなりません

ご相談・お問い合わせ

優良派遣事業者 プライバシーマーク 製造請負優良適正事業者 第2012008号 えるぼし 群馬県いきいきGカンパニー えるぼし