総合人材サービスサンヴァーテックス » 海外安全情報のフィード

【危険情報】フィジー

Filed under: 海外安全情報 - @ 2019年1月8日 8:52 AM

【危険レベル】
● 首都圏(スバ市,ラミ町,ナシヌ町及びナウソリ町)並びに西部地区のラウトカ市,ナンディ町及びバ町
レベル1:十分注意してください。(継続)
● 上記を除く全土
危険レベル解除(引き下げ)

【ポイント】
● 首都圏(スバ市,ラミ町,ナシヌ町及びナウソリ町)並びに西部地区のラウトカ市,ナンディ町及びバ町では,窃盗,強盗,詐欺,暴行及び家宅侵入が多く発生しており,日本人など観光滞在者をターゲットにした同種犯罪が横行しているため,滞在中は十分な注意が必要です。
● 統計資料によると犯罪は減少傾向にあるものの,首都圏並びに西部地区のラウトカ市,ナンディ町及びバ町においては引き続き十分な注意を必要とします。
● 上記以外の地域は,犯罪発生件数が比較的少ないため,危険情報を解除します。

1. 概況
(1)政治情勢
 フィジーは2006年のクーデター後, 2014年9月に総選挙が実施され,民主政権が誕生しました。2018年11月に総選挙が行われた結果,これまでの与党であったフィジーファースト党が再び勝利しましたが,政治的な要因による騒じょうなどは発生していません。

続きを読む

【危険レベル】
●アフガニスタンとの国境付近
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●その他の地域(首都アシガバットを含む)
レベル1:十分注意してください(継続)

【ポイント】
●隣国アフガニスタンでは,国内テロ,外国人を狙った拉致事件が多発していることからアフガニスタンとの国境周辺において,不測の事態が発生する可能性があります。同地域への不要不急の渡航は止めてください。
●その他の地域についても,国民間の経済格差拡大により一般犯罪が増加する可能性がありますので,十分注意が必要です。

1.概況
(1)トルクメニスタンは,アフガニスタン,イラン,ウズベキスタン及びカザフスタンと国境を接していることから,これらの国における政治動向やイスラム過激派組織の動向次第では,国内の情勢が不安定化する可能性があります。

続きを読む

【危険度】
●全土
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●首都リーブルビル市を中心に,政治・経済情勢への不満に対するデモや集会が単発的に行われており,状況により治安機関との衝突や大規模な混乱へと発展する可能性がありますので,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

1 概況
(1)ガボンの治安は,他のアフリカ諸国に比べ一般的には良好です。しかし,外国からの不法入国者が後を絶たず,また,物価の高騰も重なり,貧困を要因とした犯罪が頻発しているため,当局は不法入国・滞在者の摘発等治安対策を強化しています。また,若者を中心に薬物がまん延しており,薬物の乱用に起因した犯罪も多く発生しています。犯罪は首都リーブルビルや経済都市ポールジャンティ等の大都市部のみならず地方都市へ拡散する傾向もみられ,注意が必要です。

続きを読む

【危険度】
●コロンビアとの国境地帯(ロレト州プトゥマヨ郡)
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)

●クスコ州の一部,フニン州の一部,ワンカベリカ州の一部,アヤクチョ州の一部
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●アマソナス州コンドル山脈のエクアドルとの国境地帯
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●コロンビアとの国境地帯(ロレト州プトゥマヨ郡を除く)
 レベル1:十分注意してください。(引き下げ)

●リマ州(リマ市(首都)及びカヤオ憲法特別市),フニン州の一部,ワンカベリカ州の一部,アヤクチョ州の一部
 レベル1:十分注意してください。(継続)

●ブラジルとの国境地帯(ロレト州マリスカル・ラモン・カスティーヤ郡ラモン・カスティーヤ町,ヤバリ町のうち,コロンビアとの国境地帯を除く)
危険レベルの解除(引き下げ)

【ポイント】
●コロンビアと国境を接するロレト州プトゥマヨ郡では,麻薬犯罪組織による複数誘拐事件や治安当局への攻撃事件が発生しており,ペルー政府から治安対策のための非常事態宣言が発出されたため,これら地域の危険度をレベル3に引き上げます。一方で,治安当局の犯罪組織掃討作戦や治安対策の強化の結果,治安改善が見られる一部地域については,危険レベルを引き下げ及び一部解除します。なお,山岳地帯の一部(レベル3の地域)では,引き続きテロや誘拐事件が発生していますので,同地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。

続きを読む

【危険度】
●北東部マリ国境周辺地域
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●東部ニジェール,ベナン及びトーゴ国境周辺地域
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(引き上げ)
●北西部マリ国境周辺地域,東部ニジェール国境周辺地域
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●南西部コートジボワール国境周辺地域,北東部マリ国境周辺地域
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)
●上記のレベル3及びレベル4発出地域以南の北東部マリ国境周辺地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(一部引き上げ)
●首都ワガドゥグ市
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記を除く地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●2015年11月のカボレ現政権発足以降,首都ワガドゥグ市を標的とした大規模テロ事件が3度発生しており,2018年5月にはワガドゥグ市においてテロリストの拠点が摘発されています。しかしながら,ワガドゥグ市では,テロリストの影響力が排除されないため,テロ事件等の不測の事態が発生する可能性があり,レベル2を継続しますので,不要不急の渡航は止めてください。

続きを読む

【危険情報】ウクライナ

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年12月20日 5:27 PM

【危険度】
●クリミア自治共和国及びセヴァストーポリ市
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(滞在中の方は事情が許す限り早期の退避を検討してください。)(継続)
●ドネツク州及びルハンスク州
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●上記地域を除く全土
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●クリミア自治共和国及びセヴァストーポリ市では,ロシアによる不法占拠により,ウクライナ政府の統治が依然及んでいないため,どのような目的であれこの地域への渡航は止めてください。
●ドネツク州及びルハンスク州の一部の地域では,ウクライナ政府部隊と武装勢力との間で,依然散発的な戦闘が継続していますので,どのような目的であれこの地域への渡航は止めてください。
●その他の地域については比較的平穏で安定していますが,今後の政治情勢等を背景に治安が悪化する可能性は排除されず,引き続き注意が必要です。

1.概況
(1)ウクライナでは,2013年11月にヤヌコーヴィチ大統領(当時)下の政府が,欧州連合(EU)との連合協定の署名プロセスの一時停止を発表したことを契機に,欧州統合を支持する市民を中心に抗議活動が各地で発生し,その後治安当局との衝突へと発展しました。その結果,2014年2月にヤヌコーヴィチ大統領は国外へ逃亡し,政権は崩壊しました。

続きを読む

【危険度】
●ダルフール地方5州(東ダルフール州,西ダルフール州,南ダルフール州,北ダルフール州及び中央ダルフール州),南コルドファン州,西コルドファン州(アビエ地域を含む。),青ナイル州
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●ハルツーム州(首都ハルツームを含む),北コルドファン州,紅海州,カッサラ州,ガダーレフ州,北部州,ナイル州,センナール州,ゲジーラ州及び白ナイル州
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●ダルフールの治安は比較的小康状態が続いていますが,反政府武装勢力との恒久的な和平は依然達成されておらず,一般犯罪や武装集団による犯罪行為も引き続き発生しています。
●南コルドファン州及び青ナイル州の一部地域は,現在も反政府武装勢力が掌握しています。また,2013年12月以降の南スーダンの治安情勢悪化を受け,南スーダンからの避難民が多数流入しています。
●つきましては,ダルフール5州,南コルドファン州,西コルドファン州,青ナイル州には,どのような目的であれ,渡航は止めてください。

1 概況
(1)スーダンは,南スーダンとの関係が改善傾向にあるものの,治安措置やアビエ地域の帰属等,依然として多くの問題を抱えており,国際社会が見守る中,両国政府は問題解決に向けた交渉を続けています。

続きを読む

【危険情報】ミャンマー

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年12月13日 5:19 PM

【危険度】
●ラカイン州マウンドー県
レベル3:「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」(滞在中の方は,不測の事態に巻き込まれないよう退避を含め危険回避を常に心掛けてください。)(継続)

●シャン州コーカン自治地帯,カチン州ライザー周辺
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●カチン州(ライザー周辺を除く),シャン州北部(コーカン自治地帯及びラショー,チャウメー,ティーボーの都市部を除く),ラカイン州(シットウェ県,ミャウウー県,チャオピュー県)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●上記以外の地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●ラカイン州マウンドー県では,2016年10月及び2017年8月の治安機関に対する襲撃事案以後,情勢が不安定化し,高い緊張状態が継続しているため,同地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。
●少数民族武装組織の活動地域では依然として不安定な情勢が続いており,当該地域にレベル3及び2を継続して発出しています。

続きを読む

●アラウカ県,カウカ県,ナリーニョ県,ノルテ・デ・サンタンデール県北部,
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●カケタ県,グアビアレ県,バジェ・デル・カウカ県ブエナベントゥーラ市,プトゥマヨ県,メタ県南部
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)

●アンティオキア県北部,セサール県,ノルテ・デ・サンタンデール県南部,チョコ県,ボリーバル県南部,コルドバ県南部,メタ県北部,ボヤカ県北部,バジェ・デル・カウカ県(カリ市の一部地域を除く),ビチャダ県,グアイニア県,バウペス県
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●バジェ・デル・カウカ県カリ市(市内東部コムーナ13,14,15,21及び同西部コムーナ20を除く),カサナレ県北部,キンディオ県(アルメニア市を除く),ボヤカ県東部
 レベル1:十分注意してください。(引き下げ)

●上記以外の地域(サン・アンドレス島,プロビデンシア島等の諸島を除く)
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●治安当局による対策の結果,テロ,誘拐,殺人等一定の治安改善が見られる地域について,危険レベルを引き下げます。他方,窃盗,強盗などの一般犯罪が増加する傾向にあるところ,十分な注意が必要です。

続きを読む

【危険情報】中国

Filed under: 海外安全情報 - @ 2018年12月3日 5:17 PM

【危険レベル】
●新疆ウイグル自治区
   レベル1:十分注意してください。(継続)
●チベット自治区
   レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●新疆ウイグル自治区では,過去に多数の死傷者を出す暴動や無差別殺傷事件が発生しています。今後も不測の事態が発生する可能性があり,引き続き注意が必要です。
●チベット自治区では,過去に僧侶等によるデモが一部暴徒化し,多数の死傷者が出る事案が発生しています。今後も不測の事態が発生する可能性があり,引き続き注意が必要です。

1 概況
(1)中国では,外国人が居住している地域や観光スポット等の治安状況は比較的安定しており,一般的な注意をしていれば犯罪に巻き込まれる可能性は低いといえます。ただし,中国の国土は広く,地域によっては治安情勢が異なる場合もあるので,滞在・旅行される地域の情報の収集が重要です。

続きを読む

follow us on Twitter

インターネット専用海外旅行保険 お見積り・お申し込みはこちら
当HPでは、お客さまの利便性を踏まえ、インターネット上で契約可能な三井住友海上の商品をご案内しています。

クラブツーリズム
こちらからの契約は、クラブツーリズムとお客様の直接契約となり、割引対象とはなりません

ご相談・お問い合わせ

優良派遣事業者プライバシーマーク 製造請負優良適正事業者 第2012008(01)号